髪を切ってみた

Top日記 > 髪を切ってみた

薄毛が始まるとただ散髪行っただけではなくなる

30代を過ぎると誰もが薄毛に悩み始めます。そんな男性たちはもうただ髪を切りに行ったというだけでは済まされないわけですね。変に短くされるとハゲが目立つし、長いと逆にキモイし、とにかく絶妙な長さとボリューム感を出してくれないと薄毛が目立ってしまい、なかなか散髪に行けないというジレンマに陥ります。

さて、昨日私は散髪予定日よりも10日くらい早く髪を切りに行って来ました。10年以上お世話になっている美容院ですが、昨日はなかなか良い感じでした。長さはそれほど変わりませんが、サイドのボリュームを落としつつ、頭頂部のボリュームと流れがつきやすい感じにしてくれました。

また前髪が長いと薄くなってきている分きもいので、少し短めにしてもらいました。やはり美容師も薄毛には気づいているのか、薄毛を気にしているという情報を店内で共有していて知っているのか、薄毛対策用の髪型にしてくれたような気がします。

毎月の散髪で髪の量、ハゲをチェック

やはり毎日シャンプー、発毛促進剤等を使って、サプリも飲んで、運動もして、というのでは髪の量がどうなったかはあまりわからない場合がありますよね。毎日写真を撮っていれば別ですが、そういうわけにもいきません。

だから毎月の散髪で鏡で自分を客観的に見て薄毛の進行度合いを確認しています。これはけっこう発見があり、凹みますが必要だと思います。

今後iPS細胞によって発毛が可能になることを願って、それまで毎日しっかりと育毛していきましょう。


≪古≪ナノインパクト テラ2.0を使うと髪が固まる ナノインパクト テラ2.0を使って10日≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加