唐辛子と豆腐で育毛効果があるそうです

Top食事 > 唐辛子と豆腐で育毛効果があるそうです

カプサイシンとイソフラボンが薄毛に効く

育毛と薄毛対策の本でも書いてありましたが、これはキムチを食えみたいな感じだったんですよね。キムチはそこそこ好きなんですけど、最近なんとなく食べたくないのでキムチならいいや、と思ってたんですよね。

でも唐辛子食べればいいじゃん!と思っていろいろ調べたら、唐辛子と豆腐を食べることで育毛効果を実感した人が6割以上だった実験結果があるらしいんですよ。これすごいですよ。ただ食事に取り入れるだけですからね。

カプサイシンの刺激が実は育毛効果がある

育毛の本にも書いてありましたが、刺激物が髪の毛に良いというのは本当のようですね。逆に刺激が強すぎてハゲるんじゃないかと思われていましたが、最近では実は逆で髪が生えてきた、という事例が多いんだそうですよ。

あとは植物性のタンパク質もいいらしいです。それが豆腐。私はプロテインとか動物性たんぱく質をよく摂るので、できれば大豆などの植物性に切り替えたかったんです。だから今回豆腐で育毛効果はあるんだろうかと調べてみたんですね。そしたら唐辛子とセットで食え!ということてらしいです。

唐辛子と豆腐を食べるとIGF-Iが増える

IGF-Iって何だ?と思いますが、要するに毛が生えてくるアミノ酸の結合体です。IGF-Iが減ることで髪の毛が抜けやすくなるとか。

で、唐辛子と豆腐を食べるとIGF-Iが増えるんだそうです。これが薄毛改善の効果なんです。なぜIGF-Iが増えるかというと、神経や皮膚への刺激が起因しているらしいんですね。これが唐辛子の効果です。

そして豆腐のイソフラボンと同時にとることでこの効果が最大になるとか。IGF-Iは夜作られるそうなので夕飯にキムチ乗せ豆腐とかいいらしいですよ。

個人的にはお金がかからず、普段の生活でやっていけるのでこれ毎日試してみたいと思います。半年後には薄毛も改善されているかなー。楽しみです。


≪古≪やよい軒のカキフライ定食 ストレスで薄毛に≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加