育毛のためのリンスとトリートメント

Topシャンプー > 育毛のためのリンスとトリートメント

短髪なら特に必要ないかも

リンスやトリートメントは長髪の毛先をまとめる成分ですよね。要は髪の毛に栄養が行き渡らずに毛先が乾燥してしまったりするのを防ぐものなんです。だから短髪の場合はそこまで痛む前に毛先を切ってしまいますし、皮脂がしっかりと毛先までコーティングするように働きかけるのでそこまで必要ではないんでよね。

ただやっぱりシャンプーをしたあとの髪のパサツキを抑えるのにリンスくらいはしておきたてものです。では育毛のために気をつけたいリンスとトリートメントの方法はどんなのがあるのか本で勉強してみました。

毛先だけにつけて頭皮にはつけないようにする

育毛のためというか、頭皮のためにはリンスやトリートメントは頭皮にはつけずに髪の毛にのみつけて洗い流します。
トリートメントはリンスほど早く洗い流さずに髪の毛に成分を浸透させるように使うので頭皮にはできるだけつかないようにしたほうがいいですね。

あとはしっかりとすすぎます。リンスはあまり洗い流さないようにしている方もいますが、個人的にはしっかりと洗い流します。髪の毛のリンス成分を洗い流して、さらに頭皮にシャワーをしっかりと当てるようにして残らないように。これはシャンプー同様ですね。不要なものは残さないのが一番ですね。

ちなみにさらさらになるタイプのリンスは髪の毛の量が減ったように感じやすいので避けたほうがいいみたいです。これは感じ方、見え方次第ですけどね。できれば髪の毛は多く見えたほうがいいですから。


≪古≪育毛剤は1日何回使う? フケの異常発生の原因≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加