毛乳頭細胞で毛を再生 米英チーム

Top髪の毛の仕組みと育毛 > 毛乳頭細胞で毛を再生 米英チーム

毛乳頭細胞を培養して植え付けたら毛が生えた

米コロンビア大と英ダラム大の研究チームによって脱毛症の人に毛をは痩せる可能性が高まりました。

患者の毛乳頭細胞を後頭部から取り出して試験管内で立体培養。ヒト皮膚組織に移植したところ毛が生えたとのこと。ハゲに朗報です。

日本でも毛乳頭細胞と毛包上皮の幹細胞を組み合わせて立体的に培養する方法で、毛包再生に成功したと発表していますが、今回の研究では毛乳頭細胞だけでも培養方法を工夫すれば毛包を再生でき、近い将来に臨床試験を始められる可能性があるとしています。

近い将来とはいつでしょうか。来月ですか、来年ですか。かなり焦って喜んでいる人が多いと思います。

AGAには聞くのだろうか

こりように例えば頭頂部に培養した毛母細胞を植えこんで発毛したとします。これが5αリダクターゼの酵素によってジヒドロテストステロンが作られた場合、この植毛した毛母細胞へはどのように作用かるのか。結局毛乳頭がやられてしまうのではないか、とも思います。

結局は酵素を抑えるか、DHTを消し去るくらいしないと無理なような気がします。


≪古≪季節の乾燥もあるかもだけど、ほんとにフケがすごすぎる 髪様シャンプーがテレビで出ていました≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加