頭皮マッサージで育毛効果がある理由

Top髪の毛の仕組みと育毛 > 頭皮マッサージで育毛効果がある理由

血流アップで毛母細胞へ栄養を届ける

頭皮には筋肉がないので結構が悪くなってしまいます。私達の頭皮が白いのは毛細血管があるからということで、つるっぱげになってしまうと肌色になってしまうのは、頭皮ギリギリまであった毛細血管が減ってしまったからだとか。いやほんとかよ、とちょっと怖くなってしまいますが・・・。

毛細血管というのはただ血液を運ぶだけでなく、栄養素や酸素など色々なものを運んで各器官に受け渡しをしています。頭皮の血管にも髪の毛を生やすための栄養素が運ばれています。血流が悪くなれば当然血液循環が悪くなり、栄養素も運ばれなくなってしまいます。これを防ぐために頭皮マッサージをして血流促進を心がけるのです。

血流に乗るのはアミノ酸

ヘアドクターによると、育毛に必要なアミノ酸は18種類だそうです。何が?という感じですが、とりあえずアミノ酸のサプリメントは飲んだほうが良いですね。たぶん食事で大丈夫だと思いますが、薄毛の人たちは絶対サプリでも補給したほうがいいです。ただ18種類がどんなアミノ酸かまではここに書いていませんでした。悲しいですね。

で、毛細血管から毛母細胞まで届かせるためにマッサージを常に続けたほうが良いとのこと。育毛剤を付けた時は最低でも20分はマッサージしたほうがいいと書かれています。これ育毛剤の使用回数のページで書きましたが、毎日5回育毛剤を付けたとしたら、1日で100分もマッサージしてることになります。

こんなにマッサージしていたら日が暮れると思いますが、私は毎日マッサージだけはかなりやっています。あまの頭皮をいじりすぎると毛根が弱りそうなので側頭部と後頭部、生え際の下のおでこ部分を上に持ち上げるようにしてマッサージしています。そんなに長時間やる意味があるのかわかりませんが、とにかく続けるしかないですね。

電動マッサージで5分で完了

どんなマッサージ器具かわかりませんが、頭用のマッサージ器具によって20分のマッサージが5分で完了するらしいです。本当かな、と疑ってしまいますが、だとしても時間短縮になりますからもし良いマッサージ器具があれば使いたいですね。


≪古≪1日何回育毛剤を使えばよいか AGA治療薬の個人輸入はリスクもある≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加