筋トレでハゲる?私は筋トレでハゲ予防します

Top運動 > 筋トレでハゲる?私は筋トレでハゲ予防します

筋トレが薄毛、抜け毛の原因のジヒドロテストステロンを増やす

よく議論になる部分ですよね。筋トレは適度にならいいけど、過度にやり過ぎると、テストステロンの増加にともなって、ジヒドロテストステロンが増えて抜け毛が増えてしまうのではないか、というものです。
この説を読むと「理論的にはそうかもしれない、筋トレどうしようか」と思ってしまいます。

しかしここで出てくる過度な筋トレがボディビルというのならこれは普通の人はできないので問題ないです。ボディビルの筋トレがスポーツ選手レベルの筋トレと同じだとしたらそれは大間違いで、頑張っても同レベルの筋トレはできません。だとするとジヒドロテストステロンの急増でハゲる心配もないです。

また、ボディビルダーがハゲばかりというのもないです。フサフサな髪型にしないので普通の人達との写真比較はしにくいですが、異常な筋トレ、高タンパク質食事、テストステロンレベルを筋トレのために故意にあげていても余裕で髪の毛がある人が多いです。

なのでボディビルレベルの筋トレでジヒドロテストステロンが増えてハゲ促進というのはないと思います。そもそもAGAは人それぞれなので、ハードな筋トレでジヒドロテストステロンがめっちゃ増えてるけどAGAとしてハゲてきませんよ、いや私はAGAだからハゲてますよ、という感じだと思います。

ジヒドロテストステロンではなくジヒドロテストステロン受容体が薄毛の原因

ジヒドロテストステロン自体が抜け毛を促進してしまうのではなく、ジヒドロテストステロンが毛根に作用したときに毛が抜け落ちるらしいです。

ということでジヒドロテストステロンを受ける受容体が活発になりジヒドロテストステロンを受け付けまくると抜け毛が増えるということらしく、プロペシアのフィナステリドはジヒドロテストステロン自信ではなく受容体に作用して抑制することで抜け毛を防いで発毛を維持できるようにするのだそうです。

とするとジヒドロテストステロンではなく受容体のほうが薄毛対策には重要ということになりそうです。

てかテストステロンが減った中年がハゲるのでは?

中肉中背メタボのオヤジになって運動もせず、性的にも魅力なく活発でもない中年オヤジで、当然テストステロンが減少しているような場合、薄毛になっている確率が高いいのではないか、という説もあります。加齢とともに確実にテストステロンは低下しますし、中年以降で薄毛が多いことからもひう考えられています。

逆に若者はギラギラしていて性欲も強く、活発に活動・運動したりしていてテストステロンレベルは中年オヤジに比べて明らかに多いです。ではハゲかというとそうではないですね。

で、この説としては、テストステロンレベルを高めることで抜け毛防止になるのではないかということ。このことから筋トレをしたり運動をすることでテストステロンレベルを意識的に上げ、若々しくいることで、ハゲを防止していこうという説があるんです。
私はどちらかというとこちらの考え方、説のほうがいいかなあと感じています。

なので筋トレをしていて「これでハゲ促進になっちゃうならやばいな」と感じていましたが、逆にアクティブに筋トレや運動、性欲なども含めて若々しくいることが重要だなと。


≪古≪有酸素運動でジヒドロテストステロンが減る 髪の毛にはアミノ酸も必要≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加