若ハゲの原因

Top薄毛について > 若ハゲの原因

ジヒドロテストステロンの分泌が原因

老化によって確実に毛は抜けていきますが、若ハゲの場合は男性ホルモンがいろいろなものと結びついてジヒドロテストステロンとして抜け毛を促進してしまいます。これが若ハゲの原因です。

普通は髪の毛が抜けても生え変わるので髪の毛の量はほぼある一定数を保って見えます。しかし伸びる速度と太くなる速度よりも抜ける速度が早くなると薄毛になってしまうのです。この抜ける速度を促進してしまう男性ホルモンがジヒドロテストステロンです。

若ハゲは早期対策が重要です

毛根が残っている状態であれば、基本的にミノキシジルやプロペシアで発毛し、育毛することが可能となっています。なので若ハゲの進行がかなりやばいと思ったら医師に相談してミノキシジルやプロペシアなどを処方してもらうのが確実です。

リアップx5のようなミノキシジル5%配合の育毛剤は日本でも処方してもらうことが可能なものですし、効果も上々のようです。若ハゲはやばいと思ったらすぐ行動することが重要ですね。
ただしこれらは使い続けて半年程度で効果が実感でき、さらに使うのをやめるとまた抜けてしまうので注意してくださいね。

アメリカや日本の厚生省が認めている成分ですので、人体に悪い影響があるものではないので用法用量を守って使えば安心して発毛・育毛が可能でしょう。


≪古≪冬は外出る前に風呂入らない方がいい 頭皮にニキビができ頭頂部が痒い≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加