毛深いとハゲる、は嘘

Top薄毛について > 毛深いとハゲる、は嘘

毛深いと男性ホルモンが強くてハゲるなんてない

まあ昔から毛深い人やヒゲが濃い人などが禿げやすいとか言われていた時期がありましたよね。今でも勘違いしている人がいるようですがまったく根拠がないです。そもそも腕毛ツルツルの人がツルッパゲだったりもしますしね。電車で夏場になったらよく見てみてください。男で腕毛ツルツルというのもなんかちょっと異様な気がしますが、まあハゲやすさと毛深さは無関係です。

そもそも男性ホルモンの強弱でハゲはでないですし、原因は男性ホルモンではなく酵素が関係しています。男性ホルモンがとてつもなく強くても、そこに作用する5αリダクターゼという酵素が少なければAGAにはならないってことですね。

毛深くなくて男性ホルモンも少ないような草食系だとしても酵素の5αリダクターゼが体内で大量に出ていれば男性ホルモンに作用して頭髪は抜けていきハゲる可能性が高くなります。

しかし男性ホルモンが多ければ5αリダクターゼが少なくても禿げやすい

とはいえ、5αリダクターゼは体内に存在するわけで、こいつらが作用する男性ホルモンが多ければ多いほど効率よくガンガン男性ホルモンと5αリダクターゼがくっついてハゲ散らかそうとしますよね。

だから5αリダクターゼが少量しか体内にないからといって、ハゲないというわけではなく少量の5αリダクターゼ分は確実にハゲ要因を作ってることなんです。ハゲの栄養素である男性ホルモンがありあまるほどあるわけですから5αリダクターゼは確実にハゲ威力を伝達できるからです。

こうなってくると私たちはもう体内の物質にビビるしかないわけです。困ったもんだ・・・。


≪古≪フケが出る感じがするんだよなぁ かぼちゃの種で薄毛対策≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加