芸能人の薄毛とフサフサ

Top薄毛について > 芸能人の薄毛とフサフサ

薄毛とフサフサが両極端な芸能人

テレビに出ている人を見ると、かなり薄毛でツルツルの人や、申し訳ない程度に薄くなっている人と、60歳になってもフサフサで髪のボリュームもあるし生え際やつむじがしっかりしている人に完全に分かれている気がします。

ジャニーズとかももう30代以上になっていてもかなりフサフサですよね。見た目がイイという人がハゲないかというとそんなことはなく、やはりジヒドロテストステロンによってAGAは多くの男性で見られるはずなんですよね。

だから増毛、植毛、かつらなどでうまくかわしているんだと思います。オズラとかは確実にズラなんですが、そうじゃない俳優なんかはかなり髪のボリュームがあります。これはAGA対策をしているからなのでしょうか。

芸能人なら誰もがAGA対策をしていて当然

芸能人はキャラが命ですから、今までイケメンだった人が薄毛になってしまうと価値が随分下がります。要するにイケメンキャラとして扱えなくなると商品価値が下がるのです。逆に薄毛で交換が持てるような人はそのキャラでテレビやドラマに出ていると思います。ある意味歳相応に薄毛であるので、ドラマでも使いやすいかもしれません。

このことから、ハゲてはダメな人はなんとしてもハゲを阻止しないといけないわけです。特にスマップの草薙さんは一時期髪の毛がボロボロだったし、生え際なんかもやばかったですが、今は黒々しとしていて生え際もしっかりしているし、つむじあたりも薄くなく真っ黒です。髪質も太くてしっかりしています。加齢に逆行しているわけです。これはミノキシジル系の塗布とフィナ系の服薬なのでしょうか。自然に髪の毛が加齢に逆行して増えるとは考えにくいです。

佐藤浩市さんなども年齢が高くなっていてもあのボリュームはすごいです。むさくるしいくらいに髪の毛が多い。昔からですが、維持していることがスゴイです。これは自然なのか、もしくは前からズラだったのか。

しかしこれらの例を見ても、人のお手本になるようなキャラの人、すなわち馬鹿にされることがないようなキャラで売っている人は髪がフサフサ。そして芸能人のほぼ多くの人はそういう立ち位置にいますので、その上で髪の量を見てみるとどうやっても加齢と逆行して髪の量が多く、薄毛改善のための治療は受けているような気がします。

キングカズは別格?

スポーツ選手であるキングカズは私の大好きなスポーツ選手の一人ですが、40代後半に行こうとしている今も髪の毛がフサフサです。生え際はしっかりしているし、髪の毛が密集して生えています。これはアミノ酸を大量に飲んでいることと、毎日8時間くらい運動をしていて成長ホルモンが出ているからかもしれません。スポーツ選手で薄毛対策用の薬飲んでる人いるんでしょうか。心肺機能などに影響もありそうですよね。

キングカズはナチュラルであの髪の毛を維持しているとしたら本当にすごいです。

しかしこんなに運動しなくてもデスクワークでどうやっても運動不足で栄養も偏っているような人でもフサフサな人いますよね。これはジヒドロテストステロンの量がすくなくAGAの症状が出にくいのかもしれません。体質とか生まれつきのものはイヤですね。

ジヒドロテストステロンを完全に抑えたりなくす技術ができればすごいことになりそうです。


≪古≪h&sのメンズシャンプーを使うのやめた理由 山口達也の薄毛≫新≫

このエントリーをはてなブックマークに追加